黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

黒にんにくはいつ食べるべき?

投稿日:2016年12月9日 更新日:

黒にんにくを食べる時間

 

黒にんにくの話をしていると時折挙がるのが「いつ食べる?」という話題です。

結論から言ってしまうと、黒にんにくは薬ではなく食品なので食べるタイミングはいつでも良いのですが、人に話を聞くと意外と色々なパターンがあり、その人なりのこだわりが垣間見えるので面白かったりします。

当記事では、そうした話も踏まえて黒にんにくの作用から、いつ食べるのがベストなのか探ってみたいと思います。

いつ食べるかは決まっていない?

そもそも医薬品の場合、何故服用するタイミングが決まっているのでしょうか?

その理由は簡単でそのタイミングがもっとも効果的に作用するためです。医薬品の場合は特定の目的のために服用するので、体に取り入れるタイミングが決まっています。

それに対して黒にんにくは、あくまで食品であり医薬品ではありません。特定の作用のみを目的として摂取するようなものではないので、いつ食べるべきかといったことは特に決められていません。

美味しいから食べるという理由の場合、それこそ好きなタイミングでいいわけですし、健康の維持を目的とした場合でも、何を重要視するかによって変わってきます。

黒にんにくを食べる理由や目的は個々人で変わるので、食べるタイミングも人それぞれになるというワケです。

黒にんにくの作用から摂取するタイミングを考える

まずは黒にんにくの主な作用を見ていきましょう。

疲れた身体に

まず挙げられるのが疲労回復です。

黒にんにくの疲労回復はアリチアミンという成分によるものです。アリチアミンはアリシンとビタミンB1が結びついて作られる成分です。血中の糖をエネルギーへと代謝する際に必要となるビタミンB1を効率的に体内へ取り入れられるように作用します。

これはエネルギーの生成を助けることになり、疲労回復として働くと同時にパワーが出てくることにもつながります。

黒にんにくと疲労回復について

抗酸化作用もある

黒にんにくは抗酸化にも働きます。

黒にんにくに含まれるS-アリルシステインは抗酸化作用をもつ抗酸化物質です。紫外線やストレスなどによって体内で活性酸素が過剰に発生すると、体を酸化させ疲労や老化の原因になるなど体に様々な悪影響を与えます。抗酸化物質はそうした活性酸素を捉え無害化し酸化ストレスを抑えてくれる働きをします。

S-アリルシステインの効果とは
黒にんにくはアンチエイジングに有効なの?

血液をサラサラにするため

血行の保持にも黒にんにくは作用します。黒にんにくに含まれるアリシンやスコルジニンといった成分は血管を広げる作用を持ちます。またアホエンといった成分には血を固まりにくくする作用があり、血液をサラサラの状態に保つのに役立ちます。

高血圧による血管へのダメージや冷え性に対策として期待できます。

黒にんにくに含まれるスコルジニンにはデトックス効果があるのか?
高血圧が心配なので黒にんにくをはじめる

免疫細胞を活性化

黒にんにくは免疫にも作用すると考えられています。S-アリルシステインはNK細胞という免疫細胞を活性化してくれると言われています。NK細胞はがんを攻撃することで知られている細胞です。

がんを防ぐとまでは言えないかもしれませんが、なんらかの寄与は期待できると思います。

黒にんにくを食べるのにオススメのタイミング

さて、こうした作用を踏まえて、いつ食べるのが良いのかいくつか例を上げてみたいと思います。

ただ、あくまで私個人や周囲の人間が実践している例であり、これが正しいというものではありません。その点は留意して下さい。

疲労時に食べる

体が疲れた時に食べる、これがもっとも一般的な食べ方だと思います。私の周囲でもこうしたタイミングで食べる人が一番多いです。私自身も特に疲れた日には普段食べている分に加えて1~2片ほど食べるようにしています。疲労を翌日まで引きずらないで済むようになるため非常に助かります。

仕事や作業の前に

黒にんにくは食べることでパワーも出るため、作業前や運動前に食べるというのも有効です。

特に運動前ではエネルギーを効率よく燃焼させるのに役立ちます。また外での運動は紫外線にさらされたり、ペースを測りかねて過剰に運動してしまったりということも起こります。そうした状況下では活性酸素の発生を促しやすいため、抗酸化作用をもつ黒にんにくを予め食べておくことは酸化ストレス対策にもなります。

食事にあわせて

黒にんにくは糖の代謝を助けることでエネルギーの素となります。つまり、黒にんにくの作用は血糖値が上がる食後がもっとも効率よいと考えられます。料理に食材として利用するといった方法もよいでしょう。

また黒にんにくに含まれるビタミンなどの栄養成分も、より吸収されやすくなると考えられます。

黒にんにく入り調味料の作り方
黒酢黒にんにくの作り方

睡眠や入浴にあわせて

睡眠や入浴といった体を休めるタイミングで食べるというのもオススメです。翌朝スッキリと目覚めることができます。

また免疫の機能は睡眠時やリラックス時、体が副交感神経の制御下にある時に活性化すると言われてます。免疫を助けることを期待するなら、身体が休まるタイミングが良いかもしれません。

習慣として

いつ食べるかといった話とは少しズレるのですが、習慣として毎日食べることも黒にんにくのパワーを活かすことになります。特に抗酸化や血行の保持といった作用は継続することで本領を発揮します。体のダメージを抑えて調子を整えてくれるからです。

黒にんにくが評価されている理由

黒にんにくを食べるタイミング・まとめ

どうでしたか? 参考になれば幸いです。

冒頭に述べたとおり、黒にんにくはあくまで食品ですので好きな時に食べて良いのですが、このように食べるタイミングを自分なりに考え工夫してみるのも一興です。

 

通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくランキングはこちら ↓
黒にんにくおすすめランキング

 

黒にんにくの歴史を学ぼう ↓
黒にんにくの歴史

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの基礎知識

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.