黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

黒にんにくに副作用はあるのか

投稿日:2016年12月2日 更新日:

副作用と黒にんにく
強い薬には一般的に強い副作用が伴うイメージがありますよね。黒にんにくは食品ですが様々な作用があるため、そのような作用を知るほど心配になるのが副作用です。

結論から言ってしまうと、黒にんにくに副作用はありません。

実は普通のにんにくは食べ過ぎるとその作用が悪い方へと働くことがあります。しかし、黒にんにくでは、あまり考えられません。

それでは、普通のにんにくと黒にんにくを比較していきましょう。

にんにくと黒にんにくの違い

副作用とは

本来、副作用とは医薬品に対して使う言葉です。

医薬品には治療のために目的としている作用と、それ以外の作用があることが普通です。前者を主作用、後者を副作用と呼びます。

副作用と害の有無は関係ありませんが、多くの場合、問題となるのは有害な副作用です。そのため医薬品の投与に伴って起こる有害な作用を副作用と呼ぶことが多く、転じて一般的には有害な作用そのものを指す言葉として使われています。

そのため副作用という言葉は食品などでも使われますが、薬の副作用とは混同しないほうが良いでしょう。

にんにくの副作用について

にんにくの副作用としては、以下の様なものが知られています。

まず胃腸の荒れを引き起こします。その原因はアリシンといった刺激や殺菌作用をもつ成分によります。アリシンの刺激や殺菌作用はとても強いため、胃や腸を傷つけるほか、腸内細菌を減らし腸内環境を乱すことになります。

出血時に血が止まりにくくなることも知られています。これはにんにくに含まれるアホエンに血液を固まりにくくする作用があるためです。またこうした作用は血中のヘモグロビンを減らし貧血やめまいの元なるといった話もあります。

ただし、これらはあくまで過剰に摂取した場合に起こる症状です。適度な刺激は胃腸の動きを活発に促しますし、殺菌作用も悪玉菌を抑えるため腸内環境を整える役に立ちます。血液においてもサラサラの状態を保つことにつながります。

にんにくの副作用とは有用な作用が過剰に働くことでマイナスになっているというモノなのです。

摂取量としては生のにんにくの場合1日あたり1片、加熱したものの場合は3片程度を目安に取るのが望ましいようです。

黒にんにくの副作用について

黒にんにくにもこうした成分は含まれているので、あまり大量に食べすぎると同様の症状を起こす可能性はあります。

黒にんにくを食べると下痢をするってホント?

しかし、黒にんにくでは原因となるアリシンなどの成分が、熟成によってS-アリルシステインといった成分に変わっていくため、生のにんにくと比べその含有量は減っています。実際には、上記のような症状が出たというケースは今のところ聞きません。

S-アリルシステインの効果とは

まれに聞くのは胸焼けや下痢です。関係はあるかもしれませんが、主な原因はおそらく黒にんにくの食べ過ぎだと思われます。つまり常識的な量を取る分には問題ないと言えます。

まとめ・黒にんにくに副作用はあるのか?

黒にんにくで危惧するような副作用はないと言えるでしょう。また、一部で聞かれる症状も食べ過ぎは体に毒という一般的な話に収まるものかと思います。

黒にんにくのパッケージには1日あたりの摂取量の目安が書いてあります。食べ過ぎに注意しましょう。

通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓

黒にんにくおすすめランキング

黒にんにくはいつ食べるべき?

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの基礎知識

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.