黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

黒にんにくサプリの吸収率について

投稿日:2017年7月28日 更新日:

黒にんにくの吸収率

今回は吸収率という観点から黒にんにくと黒にんにくサプリのどちらが良いのかを考えてみます。あくまで指標の一つとして参考にして下さい。

なお、ここでは他のメリット・デメリットは以下の記事
黒にんにくと黒にんにくサプリの違い

まずは吸収率のお勉強からスタートです。↓

吸収率とは

食べ物を口にすると消化器を経て分解され体内に吸収されます。しかし、食べ物の全てが体の栄養になるわけではありません。食べた物の一定の割合が吸収されずに体外にそのまま排出されます。

摂取した栄養から排出された分を引くと吸収された栄養がわかります、これを表したものが吸収率です。食品やサプリを摂取してもそれらの栄養素が100%体に取り入れられるわけではないのです。

 

吸収率の違い

吸収率は食べ物や成分によって吸収に良し悪しがあります。またサプリメントなど形状によっても吸収率に違いがあると言われています。アメリカのPFDのデータによると静脈注射を100%として、サプリメントでよく使われるカプセルでは20%の吸収率になるそうです。

もちろん、これは成分によって上下しますが想像以上に低いですね。

 

「サプリメントの方が効く」は間違い

イメージとして食品よりサプリメントのほうが効くと思っている方は多いと思います。また食品そのものとサプリを比較すると成分を濃縮したサプリでは単純に量の差でサプリの法が成分を摂取できる場合もあります。

しかし、黒にんにくの場合は熟成によって水分が飛ばされ濃縮されています。要するに、重量比で成分が含まれる割合はサプリメントとほぼ差がないと言えます。小粒なサプリメントより大粒な黒にんにくの方が成分を多く含むというわけです。

また以下のような理由から食品である黒にんにくの方が黒にんにくサプリより吸収されやすいと考えられます。

  • 酵素と吸収率
  • 年齢による吸収率の衰え

 

酵素と吸収率

サプリメントと食品には様々な違いがありますが、吸収率を考える際に重要な消化吸収のプロセスにおいても明確に異なる点があります。それが咀嚼、つまり噛むことです。

  • 噛むことは想像以上に大切

噛むことの役割は単純に食べ物を細かく砕くだけではありません。消化吸収に重要な唾液の分泌も促します。唾液に含まれる酵素は栄養を分解し腸で吸収されやすいようにしてくれます。また、噛む動作自体も脳のセロトニンの分泌を促し食欲を調整する働きがあります。

サプリメントの多くはソフトカプセルタイプとなっており水などの液体で飲み込むのが一般的です。噛むというプロセスが省かれる分、食品と比べて吸収率は下がると考えられます。

 

年齢による吸収率の衰え

吸収率は胃腸の能力にも左右されます。加齢によって胃腸の能力が落ちると吸収率も下がります。しかし、胃腸の衰えを補うためにサプリメントという形を選択するのは間違いです。

胃や腸は筋肉によって蠕動運動といった活動を行っています。そのためちゃんとした食事を摂って適度に動かさないと衰えていってしまうのです。食事を取った上でサプリメントで補ったり病気などで胃腸が弱った際に利用するのは問題ないですが、普段からサプリメントに頼り切るのはいけないということです。胃腸の能力を維持するためにも食品から栄養素を摂取するのを基本にした方が良いでしょう。

 

まとめ

吸収率という観点で「黒にんにく」と「黒にんにくサプリ」を比較すると、黒にんにくサプリの効果は同等かそれ以下になると考えられます。もちろんサプリには黒にんにく以外の素材も含まれていたり、持ち運びやすいなどのメリットもあります。

しかし、黒にんにくの栄養を体に取り入れるという点では、やはりそのものを食べるのが一番良いと言えるでしょう。

 

通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

黒にんにくの歴史も勉強しよう。
黒にんにくの歴史

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの効果

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.