黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

冷え性対策で黒にんにくを摂取するなら

投稿日:2016年11月12日 更新日:

黒にんにくと冷え性

  • 「冷えってツライですよね。」

ヒートテックや厚手の靴下で武装しても冬場は寝付けないこともしばしば・・・晩御飯の後にお風呂に入ったのに、身体が冷え切ってしまい、寝る前にもう一度お風呂に入る。

  • 「ああ〜やだ。」

私は冷え性対策にも黒にんにくをオススメしています。黒にんにくを食べることで体がポカポカしてくるのですが、この時体内でどのようなことが起きているのか知ってますか?

まずは冷え性について勉強した後、黒にんにくの説明をしますね。

冷え性について知る

冷え性とは、手足といった身体の末端が常に冷えてしまっている状態であり、それを自覚していることを指します。冷えの部分は温まりにくいため周囲より体温が低く夏場などでも冷えを感じることがあります。

  • 冷え性は夏場でも寒さを感じている

冷えの感覚は外気温や天候などの影響を受け、冬場や就寝前などに強く感じられる傾向があります。西洋医学では冷えを病気ではなく何らかの原因に伴う症状と捉えその定義も曖昧です。しかし、東洋医学において冷えは治療すべき疾病として扱われています。

冷え性の5つの原因

冷え性は、複数の要因が組み合わさり、血行が悪くなることで起きると考えられます。ここでは5つの原因を挙げていきたいと思います。

血液の状態が悪い

血液は全身に熱や栄養を行き渡らせています。しかし、代謝が悪いと血液中の糖や脂肪が消費されず、血液がドロドロの状態になります。そうなると手足の血管の細い箇所にうまく流れなくなり冷えの原因となります。

筋肉量が少ない

筋肉はそれ自体が熱を発するので、ポンプのように端まで血液を送り循環させる役割を持っています。そのため運動不足や無理なダイエットで筋肉の量が落ちると血行が悪くなる要因となります。痩せ型の人の冷え性の原因は、これらが占める割合が大きいと考えられます。女性に冷え性が多い理由も男性に比べ筋肉量が少ないためです。

自律神経の異常

自律神経は呼吸や循環、代謝といった無意識下で体の維持を司っている神経系です。体温や発汗を調節する機能も担っています。

過度のストレスや更年期障害によってホルモンバランスが崩れると、自律神経の働きに影響を与え、体温や血流をうまく調整できなくなります。顔は火照るのに手足は冷えるといった場合は自律神経が原因と考えられます。

ホメオスタシスの働き

私達の体にはホメオスタシスという体を正常なバランスに保とうとする傾向があります。これは体温にも当てはまり、目的の温度になるよう自律神経を働かせます。

例えば、気温の低い日に薄着で過ごしていると、体の熱が逃げ体温が奪われていきます。こうした際、自律神経は末端の血管を収縮させることで体の中心に熱を集め体温を保とうとします。それ自体は体の正常な働きなのですが他の要因と合わさることで冷えを悪化させてしまいます。

  • 他の要因とはなにか ↓

遺伝的要因

母親が冷え性だとそうでない人に比べ冷え性になる確率が上がることが知られています。まだ詳しくは判っていませんがエネルギーを節約する遺伝子が関係していると考えられています。

もしかしてコレって冷え性のせい?

冷え性は東洋医学では万病の元と考えられており、下記のような症状が冷えによると言われています。

肩こり、腰痛、肌荒れ

血液は栄養を運ぶだけでなく老廃物の排出も担っています。血行が悪くなると老廃物が溜まっていき肩こりや腰痛、肌荒れの原因となります。

貧血、めまい

血液の状態や血行が悪いと酸素を運ぶ能力も落ちます。酸欠状態となり貧血やめまいを引き起こします。

胃痛、便秘

内臓を動かすにも栄養やエネルギーが必要です。血行が悪いと胃や腸の働きが低下し胃痛や便秘の原因となります。実際は冷えが生じている時点で血行不良であると考えられるため、これらの症状に先立って冷えがあらわれると言えるかもしれません。

黒にんにくで冷え性対策

湯船に浸かると温まり血管が広がるため血行が良くなりますが、黒にんにくは食べるだけでそれに近い働きをしてくれます。

黒にんにくは代謝を助け熱を生む

私達の体は生命活動によって熱を生みます。その元となるのは食べ物です。それを分解し吸収しエネルギーに変えて燃焼させています。そのうちの多くを占めるのは主食である炭水化物、つまり糖質です。そう考えると糖が熱の元とも言えるわけです。

さて、この糖ですが、これを体内でエネルギーに変える際にはあるものが必要となります。それはビタミンB1です。これが不足すると糖を十分にエネルギーに変えることが出来ません。

しかし、実はビタミンB1の不足は珍しいことではありません。ビタミンB1は熱に弱いため調理過程でその多くが失われます。そして仮に多めにビタミンB1を摂取しても水溶性のため備蓄されず体外に排出されてしまうからです。黒にんにくは、これを補うように作用します。

黒にんにくに含まれるアリシンという成分がビタミンB1と結合することでまず熱に強い性質を得ます。また、脂溶性になるため体内にとどまれるようになり安定して供給されます。このアリシンとビタミンB1が結合した成分はアリチアミンと呼ばれ、市販の栄養ドリンクなどにも利用されています。

ビタミンB1により糖は、十分にエネルギーへと変換され、生命活動の元となり熱を生みます。

S-アリルシステインの効果とは

黒にんにくは血液の流れを助ける

  • 血行が悪いとはどういう状態なのか?

血管が狭く血がドロドロのためうまく流れていかない状態が考えられます。黒にんにくはそれを変える作用を持つといえます。

黒にんにくに含まれるアリシンやスコルジニンと呼ばれる成分は血管を広げる作用を持っています。血管は平滑筋という筋肉が収縮・弛緩することで、広げられたり狭められたりします。アリシンやスコルジニンといった成分は、この平滑筋を弛緩させ、血管を広げる一酸化窒素の発生を誘引すると考えられています。

血中の余分な糖や脂肪は血管を傷つけ血の塊である血栓をできやすくしてしまいます。血栓はドロドロの血液の元となるだけでなく、細い血管に詰まり血行も阻害します。

黒にんにくには血栓をできにくくする抗血栓作用があります。また血中のコレステロールを抑制・排出する作用や、前述した糖の消費を助ける作用もあり、血液をサラサラの状態に保ちます。

血管を広げる作用と血液をサラサラの状態に保つ作用が合わさることで、スムーズに血液が流れる助けとなります。

高血圧が心配なので黒にんにくをはじめる

まとめ・冷え性対策で黒にんにくを摂取するなら

冷え性は体の内側から変える必要があります。体質自体を変えていくには、筋肉をつけたりホルモンバランスを保つため運動を習慣化するのが良いでしょう。とはいえ、それ自体が冷えのツラさをどうこうするわけではないため別途対策が必要です。

  • 体質を変えるには、運動を習慣化する

お風呂で身体を外側から温める行為は即効性があるのですが持続はしません。無論、温めること自体は良いことです。しかし、それだけでは不十分。

冷え性に大切なのはふたつあります。

  1. 体内で熱を発生させること
  2. 熱を体の隅々まで届けること

黒にんにくは糖の代謝を助けることで熱を発生させ、血管を広げ血をサラサラにすることで手や足先までその熱を届けます。
通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

黒にんにくと疲労回復について

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの効果

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.