黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

黒にんにくに含まれるポリフェノールの効果とは

投稿日:2017年5月10日 更新日:

ポリフェノールの効果

 

  • ポリフェノール、気になりますよね。

ポリフェノールといえばワインやチョコレートなどが有名です。実は黒にんにくにもポリフェノールが含まれています。

健康に良いとされるポリフェノールは、どのような成分でどんな効果があるのか勉強しましょう。

 

ポリフェノールってどんなもの

ポリフェノールは、ほとんどの植物に含まれる成分です。光合成によって作られ植物の色素や苦味・渋味のもとがポリフェノール。また、ポリフェノールは植物の細胞の生成や活性化を助ける役割を持っています。

そもそもポリフェノールとは単一の成分のことではなく、複数のフェノール性ヒドロキシ基からなる成分の総称です。ポリ(たくさんの)フェノールという名前もそこから来ています。

  • ポリフェノールは単一成分ではない。

有名なものではお茶の渋みの成分であるカテキンや、ブルーベリーの色素のアントシアニン、大豆製品に含まれるイソフラボンなどがあります。これらはポリフェノールの中のフラボノイドというカテゴリに分類される成分です。

  • ポリフェノールは5000種以上ある。

ポリフェノールの効果とは

ポリフェノールは様々な種類があるため、その作用も多様です。カテキンには抗菌作用があることが知られていますし、イソフラボンはその働きが女性のアンチエイジングに寄与すると考えられています。

  • カテキンには抗酸化作用
  • イソフラボンにはアンチエイジングの作用

様々な効果があるポリフェノールですが代表的な作用としては抗酸化作用が挙げられます。抗酸化作用は、ほぼ全てのポリフェノールが共通して持っています。ポリフェノールが健康に良いと言われるようになったきっかけもこの抗酸化作用にあります。

  • 大半のポリフェノールには抗酸化作用がある

そのきっかけとはフレンチパラドックスと呼ばれる説です。フランスでは他国に比べ肉や脂肪の多い食事を摂っているのに心臓病での死亡率は他国より低く、その理由が日常的に飲まれている赤ワインに含まれるポリフェノールの抗酸化作用にあるという説です。日本でも赤ワインブームを起こし、ポリフェノールが広く知られるきっかけになりました。

抗酸化作用とは

抗酸化作用とは体の酸化を防ぐ作用のことです。体の酸化は老化や病気の元となると考えられています。

体の酸化とは身体を構成する細胞が酸化しダメージを受けている状態を指します。細胞が酸化によって傷つき正常な働きができなくなることが老化や病気の元になるわけです。こうした酸化の原因としては活性酸素の存在があります。

  • 酸化の原因は活性酸素にある。

活性酸素とは

活性酸素とは活性化している酸素、反応しやすい状態の酸素を指します。物質は酸素と反応することで酸化されます。つまり活性酸素とは周囲を酸化させやすい状態にある酸素のことです。

私達の体の中では取り込まれた酸素を利用する際に一部を活性酸素の状態に変えてから利用します。具体的には白血球が捉えた細菌を殺す際に利用していると考えられています。

このように活性酸素は体の仕組みにおいて必要なものなのです。しかし、過剰に存在するとマイナスにも働いてしまいます。周囲と反応しやすいために正常な細胞まで酸化させ傷つけます。

こうした状態を「酸化ストレスが高い」と表現します。

なぜ活性酸素が増えるのか?

体内の活性酸素が過剰になるのは外部からの刺激やストレスが原因です。紫外線を浴びることで活性酸素が発生することが確認されてます。また、激しい運動や精神的なストレスなど肉体や精神に掛かる負荷も影響すると考えられます。

  • 紫外線
  • 激しい運動
  • ストレス

それ以外の要因だと加齢です。活性酸素は体内で発生するものです。そのため体には同時に活性酸素の働きを抑える仕組みがあり、抗酸化酵素といった活性酸素を抑える物質が作られています。しかし、年齢を重ねるごとに抗酸化酵素が作られる量は減少します。その結果、相対的に活性酸素が増えてしまいます。

  • 加齢

黒にんにくに含まれるポリフェノールの含有量

普通のにんにくと比較すると、黒にんにくの方が優れている部分があります。そのひとつがポリフェノールの含有量です。黒にんにくは熟成によってポリフェノールの量が数倍になります。

例えば、岡崎屋の場合は熟成前のにんにくが34mgなのに対し黒にんにくでは215mgと7倍近くに増えていることがわかります。増加量は熟成方法によって左右される部分があるので抗酸化という観点で黒にんにくを選ぶのであれば、ポリフェノールの含有量もお店を選ぶポイントになるかもしれませんね。

  • 34mg → 215mg

黒にんにくはアンチエイジングに有効なの?

また、黒にんにくの代表的な成分であるS-アリルシステインも高い抗酸化作用を持つ成分です。単純に量だけで見るならば黒にんにくよりポリフェノールを多く含んでいる食品はいくつかありますが、総合的な抗酸化力の高さでは引けを取らないと言えるでしょう。

S-アリルシステインの効果とは

まとめ

酸化ストレスは老化や病気の元と考えられています。老化の例としては肌の細胞に影響しシミやシワの原因となったり、病気では生活習慣病、血圧や心臓病の一因と推察されています。

活性酸素の増加は日常生活を送る中で避けられません。そのため抗酸化が大切になります。ポリフェノールを摂ることは酸化ストレスを緩和する有効な手立てです。

しかし、ポリフェノールの効果は長い時間持続するわけではないので、定期的に摂取することが必要です。ポリフェノールの効果は3時間ほどしか持続しないため、単一の食品で補うのではなく日々の食事も含めトータルで考えるのが理想的です。黒にんにくは手軽に摂取できる食品であるので生活に組み込みやすく酸化ストレス対策としてもオススメできます。

 

通販で気軽に購入できる黒にんにくランキングはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

つうはん本舗・熟成まるごと黒にんにくの口コミと評価
自然共生 発酵黒にんにくの口コミと評価
岡崎屋 純黒にんにくの口コミと評価

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの効果

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.