黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

高血圧が心配なので黒にんにくをはじめるなら

投稿日:2016年11月7日 更新日:

高血圧と黒にんにく

 

日本における高血圧の人の数は非常に多く、3人に1人は高血圧と言われています。

また、血圧は年齢とともに上がる傾向があるため、高齢ではその割合は2人に1人に上がります。今は大丈夫という人でも将来を考えると他人事ではありませんよね。

また、すでに高血圧という診断を受けている方は、その悪化が心配の種となります。

高血圧は生活習慣病のひとつで、そのリスクは若いうちから積み重なっていきます。そのため早めの対策を心がけることが必要です。

 

それでは、高血圧と黒にんにくの作用について勉強しましょう。

高血圧とは

高血圧とは、血圧が正常な範囲を超え、その値が常に高くなっている状態を指します。血圧とは、血管内の血液が有する圧力のことです。

  • 要するに、高血圧とは血管に対する負荷が常に高い状態です。

高血圧は、本態性高血圧二次性高血圧に分類されます。一部の原因が特定されているものを二次性高血圧、それ以外を本態性高血圧とする便宜的な分類になっています。

  • 本態性高血圧
  • 二次性高血圧

高血圧の多くは後者の本態性高血圧、つまり原因のはっきりしないものが大半を占めています。

 

高血圧はなぜ怖い

高血圧自体で何らかの症状を感じることはほぼありません。しかし、高血圧は心臓や脳の血管に大きな負担を与えるので、心筋梗塞や脳卒中といった重大な病気のリスクを高めます。

高血圧は自覚症状がないため、知らないうちにリスクの高い状態に陥っている可能性があります。これが高血圧の怖いところです。

  • 自覚症状を感じにくいのでリスクが高い

高血圧を変える方法

高血圧は、生活習慣病と言われる通り生活習慣を変えていくことが大切です。その基本は適切な食事を取ることと生活に運動を取り入れることになります。

  1. 適切な食事(バランスと分量)
  2. 定期的な運動

食事は特に塩分に気をつけ、過剰に取らないようにすること、また食べすぎないことが肝心です。

運動は有酸素運動を習慣として継続的に行うことがポイントです。適切な食事と運動をすることで肥満対策としても役立ちます。

このように生活習慣を変えていくことに加え、健康食品やサプリメントを活用するのも手です。減塩に気を取られすぎると栄養面で偏ってしまうこともありますし、運動も多くのエネルギーや栄養素を消費するため、それらを補うことが必要となるからです。

黒にんにくが生活習慣を補う

生活習慣を補うのに黒にんにくはどうなのか?

黒にんにくは、どのようなモノなのか

黒にんにくは、にんにくを一定の温度・湿度下で熟成させたものです。にんにくの成分に加え、熟成によって独自の成分が作られることやアミノ酸などの成分が増加します。にんにく特有の匂いや刺激が抑えられるため、お腹にやさしい食品となります。

カリウムが塩分を追い出す

食事では過剰な塩分は避けることが大事ですが、実際は取りすぎてしまうこともあります。

カリウムはそうした際、余分な塩分を排出するように働きます。もちろん限度はありますが、過剰な塩分にある程度対応できるようになるワケです。

黒にんにくはこのカリウムを多く含んでいる食品のため、言うなれば塩分を追い出してくれるわけです。

アリチアミンが燃焼を助ける

運動の際に必要なのは、余分な糖や脂肪をきっちりとエネルギーに変え燃焼させることです。これが出来ないと単に疲労するだけで終わってしまいます。

  • 糖をエネルギーに変えるにはビタミンB1が必要です。

しかし、ビタミンB1は失われやすい特性を持つため、体内で不足しがちな成分となっています。当然不足した場合は十分に糖をエネルギーに変換できなくなります。

これを補ってくれるのがアリチアミンです。アリチアミンは黒にんにくに含まれるアリシンとビタミンB1が結合したもので、ビタミンB1と比べ吸収効率がよく、また長時間体内に留まるようになります。そのため糖をエネルギーに変える際にも十分に供給され、その燃焼を助けることにつながります。

血流のスムーズさを保つための黒にんにく

どの組み合わせがもっともスムーズに血液が流れていくでしょうか?

  1. 広い血管と狭い血管
  2. サラサラの血液とドロドロの血液

答えは簡単ですよね。広い血管とサラサラの血液の組み合わせが1番です。では、逆に狭い血管とドロドロの血液の組み合わせを考えた場合はどうでしょう?

血液がスムーズに流れず、血液を送るには強い力=高い圧力が必要になります。

 

血管を拡張する作用

黒にんにくは、アリシンやアリシンを元に生成されるジアリルジスルフィド、スコルジニンというイオウ化合物が豊富に含まれています。イオウ化合物は体内で硫化水素を発生することが知られています。

硫化水素と聞くとマイナスなイメージを持つ人がいるはず。しかし、体内において極微量に発生する硫化水素は抗酸化作用があると言われています。また、血管を拡張する作用も確認されており、血流をスムーズにする助けとなります。

具体的には、血液中で硫化水素が一酸化窒素の発生を活性化し、一酸化窒素が血管を拡張する説が考えられています。

血液をサラサラにする作用

ドロドロの血液の一因は血液が固まった血栓です。血栓は主に血管内の細胞が傷つくことで発生します。高血圧もその原因のひとつです。

黒にんにくのイオウ化合物には、血栓をできにくくする抗血栓作用があります。また、ドロドロの血液のもうひとつの原因であるコレステロールを抑制・排出する作用も持つため、血液をサラサラな状態に保ち、血流をスムーズにする助けとなってくれます。

まとめ

高血圧は怖い病気ですが、早めの対策である程度コントロールができます。しかし、生活習慣を見直すことは大変なので自分に合った方法を模索することが大切です。

自分なりの対策のひとつとして取り入れてみましょう。

 
通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

滋養強壮・俺達の黒にんにく
黒にんにくと疲労回復について

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの効果

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.