黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

二日酔い対策に黒にんにくはどう?

投稿日:2016年11月5日 更新日:

二日酔いと酒

  • 「酒はいつだってウマイ。」
  • 「明日のプレゼンが心配なんで、晩酌は二日酔いのチョット前でやめておくつもりだ。」

コンビニやドラッグストアでは二日酔い対策を謳った商品で溢れているので、みなさんもお世話になっているはず。

にんにくが二日酔いに良いという話はよく聞きますよね。しかし、二日酔いの最中に、にんにくを食べるのはニオイの問題があるので躊躇します。普通のサラリーマンなら・・・

実際、にんにくの成分は二日酔いには良いのですが、刺激が強いためアルコールで荒れた胃腸にはあまり良くありません。

一方、黒にんにくは、にんにくの匂いや刺激のもととなる成分が熟成によって変化しています。だから食べやすいワケですね。

二日酔いのメカニズムは非常に難しいので、二日酔いで集中力を失っているオヤジでも理解できるように書いてあります。ダメおやじの必読の書ですね。

アルコールと二日酔いについて

酒に強いタイプと弱いタイプ、まったく呑めないタイプは、どのような違いがあるのでしょうか?

  • 【解答】ALDHの能力が違うワケです。
  • なにそれ?

飲酒によって体内に取り込まれたアルコールは、まずADH(アルコール脱水素酵素)という酵素によってアセトアルデヒドへと分解されます。そして次にALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)という酵素によって酢酸へと分解されます。酢酸は体内でエネルギーとして消費され、最終的には水と二酸化炭素として体外へ排出されます。

アセトアルデヒドを分解するALDHには分解能力が異なる3つのタイプがあります。

  1. 分解能力が高いタイプ【酒に強い】
  2. 分解能力が低いタイプ【酒に弱い】
  3. 分解能力をほぼ持たないタイプ【呑めない】

どのタイプのALDHを持っているかは人種や個人で異なりますが、これがお酒に対する強弱の差です。なお分解能力をほぼ持たない人の場合、まったくお酒が飲めない人もいます。

また、アルコールの大半はADHやALDHによって分解されますが、一部はMEOS(ミクロソームエタノール酸化系)と呼ばれる酵素によってアセトアルデヒドや酢酸へと分解されます。

  • このMEOSはアルコールを常飲すると活性化します。

長期間に渡り飲酒を繰り返している人は、摂取したアルコールのうち約50%がこのMEOSで処理される報告もあるようです。お酒を飲むことで鍛えられるといった話は、これが原因と考えられています。

飲酒には、その人ごとに許容量があるので、アルコール分解能力を超えた量のアルコールを摂取すると、その処理が追いつかないワケです。その結果、血中のアセトアルデヒドが増加。アセトアルデヒドは毒性を持つため頭痛など様々な二日酔いの症状の原因となります。

  • 二日酔いの原因は、血中のアセトアルデヒドが増加するから。
  • もちろん、それ以外の理由もある ↓

二日酔いの症状

二日酔いの症状は、主に頭痛や吐き気、喉の渇きやアルコール性胃炎などがあります。

なお喉の渇きの原因はアルコールの利尿作用による脱水症状と考えられ、また胃炎もアルコールが粘膜を刺激するため起こります。このようにアセトアルデヒドによらない症状もあります。

■その他の理由

  1. 脱水症状
  2. 胃炎(粘膜を刺激するため)

アルコール自体が分解されずに残っている場合は酩酊感など酒酔いの症状も併せ持つことがあります。

黒にんにくで二日酔い対策

二日酔い対策としては二通りのことが考えられます。

  1. 飲む前に食べる。
  2. 二日酔いになってから食べる。

黒にんにくは主にアルコールの分解を助ける作用を持っているので、どちらかと言えば二日酔いの最中に取るのが向いていると言えるかもしれません。しかし、実際は飲酒の最中にもアルコールの分解は行われているので、どのタイミングで食べても大丈夫です。

 

アルコールの分解を助ける作用

二日酔いの解消にはアルコールを分解することが必要です。前述の通りアルコールは主に肝臓でADHとMEOSによって分解されます。

  • ADHはビタミンB3を消費してアルコールを分解する。
  • MEOSはビタミンB1を消費してアルコールを分解する。

ビタミンB3は体内でも合成されるビタミンのため不足することはあまりありません。しかし、ビタミンB1は吸収性が低いため、体外へ排出されやすい特徴から不足しがちになります。また、熱にも弱いため調理過程等でも失われやすいことが知られています。

  • ビタミンB1は不足しやすい。

黒にんにくに含まれるアリシンはビタミンB1と結合します。アリシンとビタミンB1が結びつくとアリチアミンという成分に変化します。アリチアミンに変化することで吸収性が上がり、また体内にとどまれる性質をもつため、ビタミンB1単体の時に比べ十分に供給されることになります。

  • アリシン+ビタミンB1=アリチアミン

更にビタミンB1は糖をエネルギーに変える際にも必要です。アルコールを分解する際、肝臓は多くのエネルギーを必要とするため、ここでもビタミンB1が求められます。

また、黒にんにくは熟成によってアミノ酸が増加するのですが、アミノ酸も肝臓に働きを助ける作用があります。

抗酸化作用

アルコールをよく飲む人ではMEOSが活性化し、その分解の多くを担うことを説明しましたよね。この時、活性酸素というものが副産物として発生しています。

  • 活性酸素という問題発生。

この活性酸素というものは過剰に存在すると体内の細胞を酸化させ傷つけます。活性酸素は肝機能を攻撃するため、それを抑えることは二日酔いだけでなく普段の健康面でも重要です。

黒にんにくには、S-アリルシステインという高い抗酸化作用を持つ抗酸化物質が含まれています。こうした抗酸化物質は活性酸素を捉え無害化するよう働くため、積極的に摂取していくことが望ましいです。

  • 抗酸化物質を摂取すること。

黒にんにくはアンチエイジングに有効なの?
S-アリルシステインの効果とは

まとめ

黒にんにくが二日酔いにどう関係するのか見てきました。特にMEOSと関わりが深いことが理解できたはずです。

  • MEOSはビタミンB1を消費してアルコールを分解する。
  • ビタミンB1は体内に不足しやすい。

MEOSはアルコールの分解を助ける一方、活性酸素の発生源として体に負担も掛けます。黒にんにくはその両方に作用し体を助けてくれるワケです。

このように、黒にんにくはMEOSが活性化している、よく飲酒される方ほどオススメです

通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

黒にんにくを食べて元気になりたい ↓
滋養強壮・俺達の黒にんにく

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの効果

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.