黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

黒にんにくが評価されている理由

投稿日:2016年12月10日 更新日:

評価されている理由

黒にんにくが評価される理由は、やはり黒にんにくが持つ様々な作用によるところが大きいです。黒にんにくは普通のにんにくを熟成させたものであり、広く知られるにんにくの作用に加えて黒にんにく特有の作用も持っています。

そもそも、にんにく自体がその作用から薬として用いられた歴史を持つなど健康に良い食品として評価されています。それに加え特有の作用を持つ黒にんにくが高く評価されるのはある意味当然と言えるかもしれません。

当記事では、黒にんにくの作用を知り、その評価の理由を確認していきます。

黒にんにくが評価される理由・特有の作用

黒にんにく特有の作用をもたらすのはS-アリルシステインという成分です。S-アリルシステインは、にんにくに含まれるアリシンという成分が熟成を経て変化した成分です。そのため普通のにんにくにはほとんど含まれていない黒にんにく特有の成分となっています。

S-アリルシステインの効果とは

抗がん作用

よく取り上げられるのは、抗がん作用です。わりと大きく扱われることも多いため、すでに知っている方もいるかもしれませんね。

しかし、抗がん作用と言っても直接がん細胞をどうにかするワケではありません。がん細胞を攻撃するNK細胞という免疫細胞がS-アリルシステインによって活性化するという実験結果があり、それが抗がん作用として働くのではと考えられているのです。

抗酸化作用

S-アリルシステインは抗酸化作用も持っています。抗酸化作用とは体内で発生する活性酸素の働きを抑える作用のことです。

私達の体内では取り込まれた酸素を利用する際に、活性酸素と呼ばれる状態に変換する事があります。活性酸素は細菌といった外敵を殺す場合などに利用されます。しかし活性酸素は反応性が高いために、過剰に存在すると体の細胞にも影響し酸化させてしまうのです。こうした酸化は老化や疲労などの原因として体の不調へとつながると考えられています。

活性酸素は紫外線やストレスによって増加することが知られています。そのため知らず知らずのうちに、こうした活性酸素によるダメージを受けている可能性が高く、抗酸化作用を持つ成分を積極的に取り入れることが重要となっています。

黒にんにくの抗菌作用
黒にんにくはアンチエイジングに有効なの?

黒にんにくが評価される理由・にんにくと共通の作用

次は、にんにくと黒にんにくの共通する作用をみてみましょう。これらの作用の特徴としては実感としてわかりやすいといった部分が挙げられます。食べた上で自分でそれを感じられることも評価されている理由です。

にんにくと黒にんにくの違い

疲労回復

にんにくの作用として広く知られるのが疲労回復です。共通の成分を持つ黒にんにくも同じように疲労回復に作用します。

にんにくの疲労回復の仕組みはアリチアミンによるものです。アリチアミンはにんにくに含まれるアリシンとビタミンB1が結びついた成分で、糖の代謝に必要となるビタミンB1の摂取を補ってくれる作用があります。

私達の体では糖が代謝されることでエネルギーが作られています。にんにくのこうした作用はエネルギーの生成を助ける事になります。エネルギーが作られることで疲労回復と同時にパワーをもらえているように感じるワケです。

黒にんにくと疲労回復について

血行の保持

また、にんにくには正常な血行を保つ作用も見逃せませんね。

血管を広げる作用を持つアリシンやスコルジニン、血液を固まりにくくする作用を持つアホエンといった成分を含んでいるので、血液が流れやすい状態を維持することにつながります。

高血圧による血管へのダメージを抑えてくれることが期待できることや全身に血液が行き渡ることで冷え性対策にも良いと言われています。

黒にんにくに含まれるスコルジニンにはデトックス効果があるのか?
冷え性対策で黒にんにくを摂取するなら

にんにくにはデメリットがある

にんにくの作用が評価され広く利用されていますが、にんにくにはデメリットもあります。

にんにくのアリシンはアリインという成分とアリナーゼという酵素が反応して作られる成分です。この2つは通常は細胞によって隔てられているため反応することはありません。しかし、にんにくが傷付けられるなどし細胞が壊されると反応が始まりアリシンが作られます。

つまりアリシンは外敵に対抗するための成分と考えられるのです。実際、アリシンは強い刺激や殺菌作用を持ち、にんにく特有の臭いの元ともなっています。そのため過剰な摂取は人間にもデメリットをもたらします。

刺激は胃腸にもダメージを与えるため、胃腸が荒れる元となってしまいます。殺菌作用も腸内細菌を殺してしまうため腸内環境を崩してしまうことになります。血液に対する作用もめまいや貧血につながるとも言われています。

もちろんこれらは過剰に摂取した場合の話なのですが、その他にも臭いなどもあるために気軽に食べられない場合があります。

黒にんにくを食べると口臭が気になるのか?
黒にんにくを食べると下痢をするってホント?

黒にんにくにはデメリットがないの?

黒にんにくの場合はどうなのでしょうか?同様の作用を持つために同じようなデメリットがあると考えるのが普通です。

しかし、実は黒にんにくではこうしたデメリットを考える必要はほぼありません。その理由はデメリットの原因となるアリシンが減少しているためです。

前述のように黒にんにく特有の成分であるS-アリルシステインはアリシンから作られます。そのためアリシン自体の含有量はにんにくと比べて減少しています。

アリシンが減っているならメリットとしての作用も劣るのではと思われるかもしれませんが、もともとアリシン自体が強力な成分であるが故に過剰な摂取がデメリットとして働くため、1日あたりに食べる量にもよりますが、むしろ減少することによって適正な量になっているとも言えます。

黒にんにくはデメリットを気にすること無く、手軽に食べられる食品なのです。

黒にんにくのデメリット

まとめ

黒にんにくは以上の理由によって評価されているワケですね。また、黒にんにくは、試してた人からの支持が高い。

デメリットが少ないため手軽に試すことができ、疲労回復といった実感しやすい作用を持つためリピートし、そして継続することで抗酸化などの恩恵を十分に受けることができるため高い評価につながるワケです。

 

通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

 

黒にんにくで夜も元気になりたい ↓
滋養強壮・俺達の黒にんにく

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの基礎知識

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.