黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

黒にんにくと糖尿病対策について

投稿日:2016年10月31日 更新日:

ファーストフード

 

テレビなどで生活習慣病について目にすることは多い。不摂生によって発症するため誰もがそのリスクを抱えている身近な病気です。

「糖尿病って怖すぎる。」

糖尿病も生活習慣病のひとつです。しかし、遺伝的な要因も絡むため、ごく普通の生活を送っていても発症する可能性があります。また、進行し合併症を併発すると、その症状は生活に大きな負担を生じます。

そのため日頃から、生活習慣病の対策をしておくことが重要です。

こうした中、糖尿病対策として黒にんにくが取り上げられることも少なくありません。実際どのような作用が期待できるのでしょうか。

糖尿病を知る

血糖値は本来、ホルモンの働きで一定範囲の正常な値を保っています。しかし、血糖値を下げるインスリンの働きが不十分になることから、血中の糖をうまく処理できず血糖値が高い状態になってしまいます。この状態が続くことを糖尿病と呼びます。過剰な糖が尿中に排出されることから名付けられました。

  • 血糖値が高い状態=糖尿病

インスリンとは

インスリンは、すい臓のランゲルハンス島という細胞で作られるホルモンで血糖値を下げる役割を持っています。血糖値を上げるホルモンが複数存在するのに対して、下げるホルモンはインスリンしか存在しません。

  1. 血糖値を上げるホルモン=複数あり
  2. 血糖値を下げるホルモン=インスリンのみ

糖尿病の分類

糖尿病はその病態によってI型とII型に分類されます。

I型はすい臓の細胞が壊れることでインスリンがほとんど、または全く分泌されなくなって起こる糖尿病です。原因は免疫が自分の細胞を攻撃してしまう自己免疫疾患などで、突然発症することが多く、その治療にはインスリン注射といった外部からのインスリンの補給が日常的に必要となります。

II型はインスリンは分泌されるが量が少ない、もしくはインスリンに対して抵抗性が生まれ効きが悪いことで起こります。主な原因は肥満や運動不足、また遺伝的な要因もあるとされ、徐々に進行していきます。初期は自覚症状がほぼ無いため、気づいたときにはすでに糖尿病が進行しているケースもあります。

  • I型 < II型

生活習慣に起因するのがⅡ型のです。糖尿病のうち90%以上がII型糖尿病となっています。

糖尿病の合併症

糖尿病は進行すると様々な合併症を引き起こします。高血糖にさらされ続けることで血管がダメージを受けるためです。その中でも有名なものに糖尿病の3大合併症と言われる以下のものがあります。

  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病性神経障害

糖尿病性腎症・3大合併症

糖尿病性腎症は、腎臓でフィルターの役割をしている血管が傷み、血液をうまく濾過できなくなる病気です。進行すると腎不全となり、末期には透析が必要になります。

糖尿病網膜症・3大合併症

糖尿病網膜症は眼底の血管が詰まることで新たに脆い血管が作られ、そこからの出血で目に障害が起きる病気です。進行すると視力の低下や最悪の場合は網膜剥離などで失明が起こります。

糖尿病性神経障害・3大合併症

糖尿病性神経障害は、高血糖による血管障害から末梢神経に異常が生じる病気です。手足のしびれなどに始まり、進行すると全身に様々な症状が出ます。また、感覚が鈍くなることから足に火傷などを負っても気付かず、そこから壊疽を起こし切断に至るケースもあります。

糖尿病と生活習慣

糖尿病は発症すると完治はせず、また悪化すると合併症を併発してしまうため、その治療は合併症予防のために血糖値をコントロールすることが主になります。血糖値のコントロールは、糖尿病ではない人にも有効です。それは、主に食事と運動といった生活習慣によって行われます。

  • 食事と運動で血糖値のコントロールが可能

食事は単に糖質を減らすのではなく、バランスが取れたものを摂取することが望ましいです。また、食べ過ぎも禁物。適切な量を食べることが重要となります。

食物繊維のように糖の吸収を穏やかにし、血糖が急激に上がるのを防いでくれる食品を取ることもオススメできます。

運動は血液中の糖をエネルギーとして消費するため血糖を下げることにつながり、また運動の継続によりインスリンの働きを改善することも期待できます。散歩やストレッチなどの軽い運動からはじめ、徐々にジョギングや水泳などの強い運動にシフトすることが理想です。

黒にんにくで糖尿病対策

さて、ここまで糖尿病について色々見てきましたが、ここからは黒にんにくの作用について見ていきましょう。

黒にんにくが評価されている理由を知る ↓
黒にんにくが評価されている理由

糖の消費を補う作用

運動は、血糖値を下げるために必要なことです。運動によって血中の糖を消費していくワケですが、この時、糖はそのまま消費されるのではなく、エネルギーへと変換された上で消費されます。

糖をエネルギーに変えるにはビタミンB1が必要となります。ビタミンB1は吸収効率が悪く、また水溶性で体外に排出されやすい特徴があります。身体に不足しがちな成分がビタミンB1です。

  • 糖+ビタミンB1=エネルギー

もちろん、身体にビタミンB1が不足した場合、糖はエネルギーに変換されません。せっかく運動しても血糖値が思ったように下がらず、エネルギー不足になり疲労します。

黒にんにくには、ビタミンB1不足を補う作用があります。黒にんにくに含まれるアリシンという成分は、ビタミンB1と結合するとアリチアミンという成分を作ります。

  • アリシン+ビタミンB1=アリチアミン

ビタミンB1はアリチアミンとなることで吸収効率が上がます。また、アリチアミンは脂溶性になるため、体内にとどまり十分に供給されやすくなります。糖をエネルギーに変換する効率が良いので、糖の消費を助けることにつながります。

インスリン分泌を補う作用

インスリンは、すい臓で作られ全身へと供給されます。その際、肝臓を経由するのですがインスリンの一部はここで分解されてしまいます。最近ではこのプロセスに亜鉛が関わってることがわかってきました。つまり、亜鉛の量が少ないとインスリンが過剰に分解されてしまい、インスリン量の不足につながるのです。

黒にんにくには亜鉛が含まれるため、摂取することでインスリン量を補うことにつながります。

また、アリチアミンがビタミンB6と結びつくことで、すい臓の細胞を刺激しインスリンの分泌を促すといった説もあるようです。

  • アリチアミン+ビタミンB6=インスリンの分泌を促す

抗酸化作用

黒にんにくには、S-アリルシステインという特有の成分が含まれています。S-アリルシステインは、抗がん作用などで知られる成分なのですが、同時に高い抗酸化作用を持つ抗酸化物質でもあります。

  • S-アリルシステインは抗酸化作用を持っている

S-アリルシステインの効果とは

糖尿病においても酸化ストレスは悪影響を及ぼします。まず、酸化ストレスがインスリンの生成を抑制します。そして活性酸素は血管にもダメージを与えます。糖尿病においても活性酸素を抑える抗酸化物質の役割は重要です。

  • 活性酸素を抑えるために抗酸化物質を摂取する

なお、活性酸素とは体内で酸素が変化し発生する物質で、過剰に存在すると酸化によって細胞を傷つけてしまうことが知られています。酸化ストレスとは、活性酸素により細胞が酸化されダメージを受けている状態を指します。

黒にんにくはアンチエイジングに有効なの?

まとめ・糖尿病と黒にんにくについて

黒にんにくは糖尿病に対していくつかの作用が期待できます。しかし、黒にんにくは薬ではなく食品。直接血糖値を下げるような作用は確認されておらず、黒にんにくを食べるだけで糖尿病対策になるとは言えません。

ただし、影響があることはたしかなようなので補助として取り入れることは無駄ではありません。適度な運動やバランスの取れた食事をし、生活習慣を改善した上で黒にんにくを摂取するのは理にかなっています。

  • 適度な運動
  • バランスの取れた食事+黒にんにく

通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

黒にんにくのデメリット

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの効果

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.