黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

黒にんにくで美容対策

投稿日:2016年11月12日 更新日:

美容と女性

誰でもにんにくが健康に良いというイメージは持っています。しかし、ニオイの問題があるので、にんにくの摂取を控えてしまうことがあります。

黒にんにくは、熟成によってにんにくの臭いがあまりしないので食べやすい。また、美容対策としても女性にオススメできる食品ですね。

美容という観点から黒にんにくについて学びましょう。

 

黒にんにくで美容対策

黒にんにくとは、にんにくを一定の温度・湿度化で熟成させたものです。その名の通り黒にんにくは黒い。メイラード反応により黒くなるワケです。そして味はドライフルーツのように変化します。

普通のにんにくと黒にんにくの大きな違いは含まれる成分です。現在、黒にんにくが流行しているのは、S-アリルシステインという成分のお陰です。

  • S-アリルシステインは抗がんや抗酸化など様々な作用が期待されています。

にんにくに含まれるアリシンは、ニオイの元となる成分です。アリシンがS-アリルシステインに変化することで、にんにく特有の臭さが失われます。←#熟成の度合いにもよります。

S-アリルシステインの抗酸化作用が美容の鍵となります。

S-アリルシステインの効果とは

美肌・活性酸素と抗酸化物質

お肌の敵は紫外線です。紫外線は肌を透過しその下の真皮や皮下の細胞を傷つけます。その結果、シワやたるみになるのですが、実はもう一つ厄介な点があります。

  • 紫外線は大量の活性酸素を発生させる。

活性酸素とは、酸素が反応性の高い状態に変化したものを指します。活性酸素は、タンパク質、脂質、酵素、DNAなどを酸化させます。その結果、細胞が傷つけられた状態になり、機能が低下していきます。

  • 活性酸素は紫外線と並び、しわやたるみの原因

非常に厄介な活性酸素を抑える働きをするのが抗酸化物質と呼ばれるものです。抗酸化物質は体内の活性酸素を捉え無害化します。

S-アリルシステインとう抗酸化物質

黒にんにくに含まれるS-アリルシステインも抗酸化物質のひとつです。S-アリルシステインには、高い抗酸化作用があるので、活性酸素を抑え、細胞を酸化から守ります。それが肌のハリ・ツヤを保つ助けとなります。

シミ、そばかす

シミやそばかすの原因はメラニンという色素です。メラニン自体は肌を保護する役割を持つのですが、蓄積することでシミやそばかすの原因となってしまいます。

  • シミ、そばかすの敵はメラニン色素

私達の肌にはメラノサイトという細胞が存在しています。メラノサイトは紫外線を受けるとメラニンを生成するよう働きます。生成されたメラニンは紫外線を吸収し肌を守る役割を果たします。

しかし、紫外線が強い日に出歩いたり、または長時間さらされる環境であったりすると、多量のメラニンが生成され、それがシミやそばかすといった形で外見に表れます。

つまり紫外線によるメラノサイトへの刺激がシミやそばかすを誘発するわけですが、それ以外の要因もあります。

  • 活性酸素もメラノサイトを刺激する。

活性酸素により刺激を受けたメラノサイトは、やはりメラミンを作りやすい状態となるため、シミやそばかすを誘発する原因となっているのです。黒にんにくの抗酸化作用は、肌のハリ・ツヤ同様、シミやそばかす対策としても肌質を補ってくれます。

シミやそばかすは肌の代謝によって段々と薄れていくものです。しかし、加齢や老化によって代謝が落ちると、なかなか消えることなく残り続けるようになります。この老化も活性酸素と深い関わりがあります。

 

アンチエイジング

活性酸素が肌の細胞に与える影響を見てきましたが、その影響は肌だけに限りません。

活性酸素の影響は全身に及ぶため、内臓や血管などにも関係していき体全体の衰えにつながります。

  • 活性酸素は老化の原因と考えられているわけです。

また、活性酸素は紫外線だけでなくストレスによっても発生します。仕事や育児、介護など、ストレスは常に身の回りにあります。またん、紫外線を避けて生きていくことはできません。

アンチエイジングを考えるならストレスや紫外線は避けては通れない問題となります。そこで私は高い抗酸化作用をもつ黒にんにくを食べているワケです。

黒にんにくはアンチエイジングに有効なの?

デトックス

体の細胞は栄養を取り入れ、絶えず活動を続けています。そうした中で体に必要のない老廃物が生まれます。本来、老廃物は血液によって運ばれ、体外へ排出されます。

しかし、何らかの要因で血行が悪くなると、老廃物の排出が滞り体内に留まってしまいます。老廃物が蓄積すると身体が疲れやすくなり様々な弊害が生まれます。もちろん肌にもよくありません。

スムーズな血液の流れを保つことは健康面はもちろん、美容面でもメリットがあります。黒にんにくには血管を広げる作用と血液をサラサラにする作用があり血行を保つ助けとなります。

黒にんにくに含まれるイオウ化合物は血管の収縮を担う平滑筋に作用し弛緩させます。平滑筋の弛緩は血管を広げる動きとなるため、血液の流れていくスペースを確保します。

同じく黒にんにくに含まれるアホエンといった成分には抗血栓作用があります。つまり血液を固まりにくくする作用ですね。アホエンは血液をサラサラの状態に保つ助けとなります。

黒にんにくはこの2つの作用によりスムーズな血行を補い、老廃物の排出を助けてくれます。

  • イオウ化合物
  • アホエン

黒にんにくに含まれるスコルジニンにはデトックス効果があるのか?
冷え性対策で黒にんにくを摂取するなら

ダイエット

黒にんにくはダイエットにも役に立ちます。

「なぜ太ってしまうのか?」

太る理由は、摂取カロリーが消費カロリーを上回るからですよね。対策としては2つあります。

  1. 摂取カロリーを減らす
  2. 消費カロリーを増やす

理屈は単純です。しかし、実行するのが難しいワケです。美味しいものはたくさん食べたい。消費カロリーを増やすために運動を始めても習慣化することができない。

私達の身体は、食べ物を分解・吸収し、さらにエネルギーに変えることで初めてカロリーが消費できるようになります。そのためこのプロセスのどこかが滞ると運動をしても消費カロリーが増えません。

黒にんにくは、糖をエネルギーに変える際に必要になるビタミンB1を体内に取り入れやすくする作用があります。また、前述の抗酸化作用による代謝の維持や、血管や血液に作用し血行の維持もはかるため、エネルギーを燃焼しやすい状態を保ってくれるわけです。

しかし、エネルギーを燃焼しやすい身体になるだけで、運動を避けることはできません。

  • エネルギーを燃焼しやすい身体をつくる
  • 有酸素運動をする

まとめ・黒にんにくの美容効果について

美容やアンチエイジングいうとスキンケアのような直接的なアプローチや肌に不足しているコラーゲンを摂取するなどの方法が主流です。しかし、黒にんにくで身体を内側から変えていくのもありですよね。

黒にんにくの抗酸化作用は健康の面でも役に立ちます。また敬遠しがちなにんにくの臭いもほとんどありません。女性ならすでに美容やアンチエイジングで直接的なアプローチを試しているはずですが、今のやり方に加え、黒にんにくを取り入れてみましょう。

 

通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

 

黒にんにくの歴史を知る ↓
黒にんにくの歴史

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの効果

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.