黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

黒にんにくでアレルギー対策

投稿日:2016年10月31日 更新日:

アレルギーに苦しむ猫

現在の日本では2人に1人はアレルギーを持っていると言われています。

  • 50%の日本人がアレルギーに苦しんでいる!

例えば、花粉症の季節だと、くしゃみや鼻水がなかなか収まらなかったり、痒みなど不快な症状に苦労させられたり・・・悩みの種ですよね。

アレルギーには確実な治療法がないため、定期的に薬で症状を抑えるしかなく、そのためアレルギー体質自体をなんとか改善するために努力している人も多いことでしょう。

そこで黒にんにく。最近ではアレルギー対策に黒にんにくを取り入れている方も増えています。

 

当記事では、その理由を探っていきます。

そもそもアレルギーとはなにか

アレルギーとは本来、体内に入り込んだ細菌やウイルスを排除するための免疫という体の機能が、なんらかの異常で無害な物質に対しても働いてしまうことを言います。

一般的なものだと花粉症アレルギー性鼻炎、他にも金属アレルギー食物アレルギー喘息アトピーなどがあります。症状はくしゃみ、痒み、炎症など、またアナフィラキシーなど重篤な症状が出る場合もあります。

喘息やアトピーなどでは、なぜ発症するのか未だによくわかっていません。花粉症や食物アレルギーも、スギ花粉や特定の食べ物がアレルゲンであることはわかっていても、なぜ免疫の異常が起こるのかといった原因は解明されていません。そのため治療法も確立されていません。

病院などでもらえる薬も基本的には症状を抑えるものであって根本から治すものではありません。

黒にんにくはアレルギー対策になるのか

黒にんにくがアレルギーにどう作用するのか考えていきましょう。ただ、前述の通りアレルギーの原因は解明されていないため、確実にこう作用すると断言はできません。

あくまでも参考として ↓

腸内環境とアレルギーの関連性

アレルギーの原因は未解明ですが、その発生に関わっていると考えられるものがあります。その1つが腸内環境です。腸は食べたものを吸収する器官であり、つまり外部のものを体内に取り入れる器官です。そのため当然、腸にも免疫の仕組みが備わっています。

腸を面積で見た場合、体表の約100倍にもなるため多くの免疫細胞が腸に集中しています。これらは腸管免疫系と呼ばれ体の免疫細胞全体のうち60%ほどを占めており、免疫器官としては人体で最大のものになります。

そのため免疫の機能全体とも深く関わっているのでは?と考えられています。

腸内環境と腸内フローラ

腸内環境のキーワードとなるのが腸内フローラです。腸内フローラは腸の働きに重要な役割を果たしているからです。

腸内フローラとは

私達の腸内では様々な細菌が生きています。その数は300~3000種、100兆~1000兆個とも言われています。重さにすると1~1.5kgほどになるそうです。これらは腸内細菌と呼ばれ種類ごとにまとまって生息しています。

  • 体内には1〜1.5kgの腸内細菌が生きている

顕微鏡で覗くとまるで植物が群生しているように見えることから、こうした様子を花畑(フローラ)に例えて腸内フローラと呼んでいるのです。

腸内細菌の働き

腸内細菌ですがその性質によって善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種に分けることができます。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

善玉菌は腸内でなにをしているのか

善玉菌は腸内で体にプラスの働きをしてくれる菌を指し、代表的なものとしてビフィズス菌、乳酸菌などがあります。ちなみに善玉菌のうち99.9%をビフィズス菌が占めています。

善玉菌は食物繊維をエサに乳酸、酢酸などをつくるため、腸内のpH値を下げ、弱酸性の状態に保つ働きをします。こうした環境を作ることで悪玉菌の起こす腐敗を抑え、悪玉菌自体の繁殖も抑制されます。

また、腸を刺激することで蠕動運動を活発にし便秘や下痢を防ぐことにもつながります。他にもビタミンの合成や腸管免疫にも寄与していると考えられるなど腸内環境に大きな役割を果たしています。

悪玉菌は腸内でなにをしているのか

悪玉菌は体にマイナスの働きをする菌です。代表的なものは大腸菌、ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌などがあります、食中毒の原因菌なんかとしてもよく聞く名前だと思います。肉などをエサにし腐敗させ、硫化水素やアンモニアと言った悪臭の元や有害物質をつくり体に悪影響を与えます。

  • 大腸菌
  • ウェルシュ菌
  • 黄色ブドウ球菌

またこれらは腸の働きを抑制してしまうため便秘や下痢の原因ともなってしまいます。

日和見菌は腸内でなにをしているのか

日和見菌はその名の通り優勢な方と同調して働く菌になります。善玉菌が優勢な場合は問題ないのですが、悪玉菌が優勢になってしまうと一緒になって悪さを働きます。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種のまとめ

善玉菌の優勢を保つことが腸内環境に重要です。しかし、悪玉菌が全く必要ないかというとそうではなく、例えば肉を分解するのには悪玉菌の働きが必要な部分もあります。ですので腸内フローラのバランスが大切になるわけですね。

健康な人の腸内フローラは善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7の割合であると言われています。

黒にんにくと腸内環境

ここからは黒にんにくが腸内環境にどう影響するのか見ていきましょう。

黒にんにくにはアリシンという成分が含まれています。このアリシンは高い抗菌、殺菌作用を持っているため過剰な悪玉菌を弱らせる働きをします。また、善玉菌のエサとなる食物繊維を含んでいるので善玉菌を両面から助けます。

また、アリシンは腸を刺激し蠕動運動を活発にします。蠕動運動が鈍いと食べ物のカスがいつまでも腸内に残り悪玉菌が繁殖しやすい環境となってしまうので、その点でも腸の働きを助けることになります。

実はアリシンを最も多く含むのは生にんにくの状態なのですが、前述の通り抗菌、殺菌作用、刺激が非常に強いため取りすぎると、かえって胃腸が荒れたり善玉菌まで殺してしまうなどデメリットが生じます。黒にんにくは熟成によってアリシンの量がある程度抑えられるためお腹に優しい食品になっています。

黒にんにくのデメリット
黒にんにくの抗菌作用

にんにくが成熟することで減ったアリシンは消えてしまうのではなく、S-アリルシステインという成分に変化します。このS-アリルシステインは黒にんにくが注目されるきっかけとなった成分で、免疫機能の1つであるNK細胞というがん細胞などを攻撃する細胞を助ける作用があるとされています。

また免疫機能の中のある種のタンパク質の産出を抑える傾向があり、アレルギー反応を抑えることに寄与する可能性も示されています。

S-アリルシステインの効果とは
黒にんにくはアンチエイジングに有効なの?

まとめ

黒にんにくは腸内環境を補佐し、体を内側から整えてくれる助けとなります。その結果としてアレルギーに良い影響を与える可能性があると推察できるわけですね。

アレルギーの原因が未解明な以上、対策になると断言はできませんが参考にして下さい。

 
通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの効果

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.