黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

黒にんにくはアンチエイジングに有効なの?

投稿日:2016年11月3日 更新日:

黒にんにくとアンチエイジング

 

老化を避けることはできません。同世代の友人や上の世代をみていると、容姿や活動的な様を若いなぁと羨ましく感じることはありませんか? 老化のスピードに個人差がある。

  • 老化は避けることができない。
  • 老化には個人差がある。

個人差と書きましたが、老化の要因は先天的なものではなく後天的なものであり、普段の生活や習慣によるところが大きいのです。ですからアンチエイジングというものが大切になるワケですね。

  • 生活習慣を見直すこと。

ここでは老化とその原因、そして抗酸化作用がどうアンチエイジングに関わってくるのかを勉強しましょう。

アンチエイジングの前に老化について学ぼう

一般的に老化とは加齢により肉体の機能が衰えることを指します。具体的には肌のシミ、シワ、たるみや髪の毛が減るといった外見上の変化や、視力、聴力、運動機能の低下など身体面での衰えなどが起こります。

  • 外見の変化
  • 運動能力の低下

アンチエイジングとはなにか?

日本語に訳すと抗老化といったところでしょうか、老化の原因を可能な限り取り除くことで身体の下支えをし、肉体の衰えを緩やかにするという考え方です。

老化を止めたり、年齢を若返らせるような魔法ではありませんが、体には自己を修復する力があるので、老化の原因を取り除くことで肌のハリが戻ったり、あるいは衰えた機能を取り戻すことにもつながります。アンチエイジングは単に外見上の若さを保つためだけのものではなく、健康な身体を保つためのものでもあるのです。

  • 外見の若さを保つ
  • 健康な身体を保つ

人間の体は生まれてから死ぬまで日々変化し続けており、老化は生まれたときからはじまっていると言えます。アンチエイジングをはじめるのに早すぎる、あるいは遅すぎることはありません。

活性酸素とは

老化の原因としては色々なものが考えられますが、まずは活性酸素です。活性酸素とは、酸素が反応性の高い状態へと変化したものです。

活性酸素が体内で発生するとタンパク質、脂質、酵素、DNAといった様々なものを酸化させ細胞を傷つけます。傷ついた細胞は正常に機能できないためシミやシワの原因になるなど様々な老化現象のもととなります。

  • 活性酸素がシミやシワの原因になる。

活性酸素を増加させるもの

活性酸素の発生源として知られているものに紫外線があります、細胞に紫外線を当てると活性酸素が発生することが確認されています。また飲酒、タバコ、ストレス、激しい運動、といった体に負荷をかける行為も活性酸素を増加させます。ですので環境汚染の影響や不摂生な生活といったものも関係してきます。

  • 紫外線
  • 飲酒と喫煙
  • ストレス
  • 激しい運動

私達の体は生きるために酸素が必要で、そのために呼吸をしています。呼吸することで取り込まれた酸素は血液によって体全体の細胞に届けられ生命活動に使われるのですが、この際、一部では反応が高い状態(=活性酸素)に変化されてから利用されています。

例としては白血球が捕らえた細菌を殺菌する時などに活性酸素が使われていると考えられています。こうしたことから副次的に発生してしまうものでもあるのです。

  • 呼吸するだけで活性酸素がつくられる。

つまり、活性酸素の発生自体は生命活動において必要なプロセスのため、それを0にすることは出来ないわけですね。そのため重要になるのが次の抗酸化物質ということになります。↓

 

抗酸化物質とは

  • 抗酸化物質とは、その名の通り酸化を防ぐ成分です。

抗酸化物質は、抗酸化作用により活性酸素を捉えて無害化する働きをします。私達の体では日々活性酸素が発生しています。また、活性酸素を抑える仕組みも備わっています。つまり、私達の身体に活性酸素が発生すると、最低限必要なもの以外を抗酸化物質によって抑え込んでくれるわけです。

本来はこうした仕組みによって十分に活性酸素を除去できます。しかし、紫外線やストレスといった外因によって活性酸素が増加すると段々と抗酸化物質が不足し対処しきれなくなってしまうわけです。また、こうして活性酸素によってダメージを受けている状態を酸化ストレスとも表現します。

  1. 活性酸素を増加
  2. 抗酸化物質が不足する
  3. 酸化ストレス(ダメージ)

こうした酸化ストレスに対して、活性酸素の増加を抑えることはもちろん大事なのですが、紫外線から完全に逃れるなんてことは無理です。また、日常でストレスを感じる場面は多い。

だから、私たちは体内に抗酸化物質を取り入れることが大切になるワケです。また、加齢によって体内の抗酸化物質は減少する傾向があるため、歳を重ねるごとに抗酸化物質の摂取がより重要となります。

  • 意識的に抗酸化物質を摂取することで老化と戦う。

黒にんにくの抗酸化作用

抗酸化物質としてよく知られているものにポリフェノールがあります。ワインやチョコレートなどの色の濃い食品に多く含まれています。黒にんにくも例に漏れず多くの抗酸化物質を含んでいます

黒にんにくに含まれる有名な抗酸化物質はS-アリルシステインです。これは普通のにんにくには、ほとんど含まれません。黒にんにく特有の成分で高い抗酸化作用を持つことが知られています。また、熟成によってポリフェノールも増加しているなど、黒にんにくは抗酸化作用に優れた食品なのです。

S-アリルシステインの効果とは

抗酸化物質には水溶性のものと脂溶性のものがあり、水溶性のものは体内にあまり長くはとどまれないため、定期的に補充することが重要となってきます。上記のS-アリルシステインはその水溶性の抗酸化物質なので、それをお手軽に補充できる黒にんにくは酸化ストレス対策に最適です。

  • 黒にんにくは酸化ストレス対策に良い。

黒にんにくで美容対策

まとめ

活性酸素は老いだけでなく疲労や様々な病の原因ともされています。つまり、黒にんにくの高い抗酸化力はアンチエイジングやQoLの向上にピッタリです。また、黒にんにくは抗酸化作用以外にも抗がん作用など様々な力を持っているので、酸化ストレス対策のひとつにするのもありです。

  • QoL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)

 
通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

黒にんにくに含まれるスコルジニンにはデトックス効果があるのか?
黒にんにくと疲労回復について

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの効果

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.