黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

滋養強壮・俺達の黒にんにく

投稿日:2016年11月22日 更新日:

滋養強壮と黒にんにく

  • 最近なんだか以前より元気が出ない・・・
  • どうも疲れが抜けない・・・
  • やる気が起きない・・・

こんなことってありませんか? ありすぎる!

健康に自信が持てない時に気になるのが滋養強壮に良いとされる食品ですよね。にんにくは、そのような食品のひとつ。にんにくを含むサプリはどこでも発売されています。また、にんにくを熟成させた黒にんにくも滋養強壮で注目を集めています。

しかし、気になるけど黒にんにくのことはわかならない・・・実際、黒にんにくに、どのような作用があるの知らないため、二の足を踏んでいる人は多いことでしょう。

それでは、黒にんにくが滋養強壮にどうつながるのか見ていきましょう。

滋養強壮とは

そもそも滋養強壮とはどのようなことなのか?

滋養とは、体のためになる栄養を取ることです。強壮とは、体が丈夫で元気なさまを言います。滋養強壮とは、体の弱った部分に栄養を行き渡らせ、内側から丈夫で元気な状態にすることを指します。

滋養強壮というと主に精力のイメージがあるかもしれませんが、それだけでなく病気などに対して強い体を作ることです。一時的にパワーをもらうというより、継続的に摂取することで若々しさを取り戻す、という考え方になるわけですね。

黒にんにくで滋養強壮

黒にんにくはにんにくを熟成させたもので様々な作用があります。にんにくと同様に滋養強壮にも期待できます。

ここでは特に滋養強壮と関係する3つの作用を紹介したいと思います。

疲労回復と元気の源になる黒にんにく

黒にんにくは疲労回復に役立ちます。疲労の原因のひとつとして体を動かすエネルギーが不足している場合があります。このエネルギーは、主食になる米や小麦といった炭水化物、つまり糖質から作られます。

そのような理由から、普段生活していく上で糖質が不足することはあまり考えられません。

しかし、なぜエネルギーの不足が起きるのでしょうか?

原因はもちろんあります。糖質をエネルギーに上手く変えられないからです。実は糖質をエネルギーに変える際にはビタミンB1が必要になります。つまり、ビタミンB1が不足することでエネルギーの不足が起きている場合があります。

黒にんにくは、このビタミンB1の不足を補うことで疲労回復を促します。

ビタミンB1が不足するのはその性質にあります。まず熱に弱いため調理などで容易に壊れてしまいます。また、そもそも体内に吸収されにくいという点があります。

ビタミンB1は水溶性であるため多めに摂取しても体に保持されず、尿を介して排出される性質を持つので、ビタミンB1は不足しがちなのです。

黒にんにくにはビタミンB1の性質を変える作用があります。黒にんにくに含まれるアリシンという成分がビタミンB1と結びつくとアリチアミンという成分になるのですが、アリチアミンは熱に強く、また体内に吸収されやすい性質を持ちます。そして脂溶性であるため体内で保持されるようになります。

要するに、アリチアミンはビタミンB1が不足する原因を補い、糖をきっちりとエネルギーに変えることができるようになります。

こうしてエネルギーが体全体に供給され疲労回復、ひいては体の元気の源ともなっていきます。

滋養強壮・俺達の黒にんにく

黒にんにくで血流を維持する

運動時に心拍数が上がることから、元気な体には血流が大切だということは実感があると思います。

血液の流れは酸素や栄養の供給、老廃物の排出といった役割を果たしています。そのため血液の流れが滞ると体はその機能を十全に発揮できなくなってしまうのです。

黒にんにくには血流を維持する作用があります。

黒にんにくにはアリシンやジアリルジスルフィド、スコルジニンといったイオウ化合物と呼ばれる成分が含まれています。これらは血管内で平滑筋という血管の収縮を行っている筋肉に作用し弛緩させます。平滑筋が弛緩すると血管は広がる方向へと動くため、血液の流れるスペースが確保されます。

またアホエンと言った成分には抗血栓作用があり、血液が固まるのを抑えサラサラの状態に保つように作用します。黒にんにくの作用により体の隅々まで血流が行き渡るようになるわけですね。

高血圧が心配なので黒にんにくをはじめる
冷え性対策で黒にんにくを摂取するなら

抗酸化で若々しさを保つ

活性酸素や抗酸化物質といったものをご存知でしょうか?

よく聞く言葉なのですでに詳細を知っている方もいるはずですが、これらも滋養強壮と関わりを持っています。

活性酸素とは体内で酸素が反応性の高い状態に変化したもので、過剰に存在するとタンパク質、脂質、酵素、DNAなど体内の様々なものを酸化させ細胞にダメージを与えます。

抗酸化物質とは、活性酸素が過剰に発生した際にそれを捉え無害化してくれる物質を指します。活性酸素が過剰に存在し細胞がダメージを受けている状態を酸化ストレスとも呼びます。こうした酸化ストレスの状態は疲労や老化の原因となることが知られています。

  • 酸化ストレスは疲労や老化の原因

つまり、加齢による衰えと受け止められる物のいくつかは酸化ストレスが原因の場合があるのです。

活性酸素はストレスを受けたり、体を酷使するなどすると過剰に発生してしまいます。また、紫外線を浴びることでも発生することが確認されています。

体を若々しく保つためには酸化ストレス対策も必要となります。黒にんにくに含まれるS-アリルシステインは高い抗酸化作用を持つ抗酸化物質として知られています。そのため活性酸素を抑え、酸化ストレスにさらされないよう働いてくれます。

黒にんにくは体を元気にすると同時に衰えから守ってくれるのです。

黒にんにくはアンチエイジングに有効なの?

まとめ・黒にんにくと滋養強壮について

以上の作用により黒にんにくを食べると元気が出てきます。しかし、その本領は継続して摂取することで体自体を強くしていくことにあります。

黒にんにくは、その場限りではなく根本から元気を取り戻したいという方に特にオススメな食品です。

通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

黒にんにくを食べると口臭が気になるのか?

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの効果

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.