黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

黒にんにくに含まれるアミノ酸の効果とは

投稿日:2017年5月10日 更新日:

アミノ酸の効果

黒にんにくの特徴のひとつがアミノ酸の量です。熟成によって生のにんにくと比べ全体的にアミノ酸の量が増加します。

  • 【黒にんにく】 > 【にんにく】

黒にんにくのアミノ酸含有量は、材料となるにんにくや熟成方法の違い、測定方法により商品によってばらつきがあります。そこで当記事では、代表的なアミノ酸20種をまとめました。

アミノ酸とは

アミノ酸は、タンパク質を構成している成分です。体内には20種のアミノ酸があり、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分類されます。

  • 必須アミノ酸
  • 非必須アミノ酸

必須アミノ酸は、体内で合成できないアミノ酸で、食べ物からの摂取が必要となるアミノ酸です。非必須アミノ酸は体内で合成できるアミノ酸で、必ずしも摂取を必要としないアミノ酸です。

どちらのアミノ酸も体内では重要な役割を果たしています。

必須アミノ酸

バリン

筋肉を作る際に重要になるアミノ酸です。タンパク質の合成を促進し成長にも関係します。また、肝機能の向上にも寄与します。ロイシン・イソロイシンと共にBCAAと呼ばれるアミノ酸のグループに属し、血中の窒素バランスの調整にも関与します。

ロイシン

筋肉を作る際に重要になるアミノ酸です。タンパク質の合成を促進し成長にも関係します。また、肝機能の向上にも寄与します。バリン・イソロイシンと共にBCAAと呼ばれるアミノ酸のグループに属します。

イソロイシン

筋肉を作る際に重要になるアミノ酸です。タンパク質の合成を促進し成長にも関係します。また、肝機能の向上にも寄与します。バリン・ロイシンと共にBCAAと呼ばれるアミノ酸のグループに属します。神経の働きを助ける作用があります。

フェニルアラニン

ドーパミン・アドレナリン・ノルアドレナリンといった神経伝達物質の材料となるアミノ酸です。精神安定や記憶力の向上、鎮痛効果や食欲抑制に働くと言われています。一方で血圧を上昇させる作用もあります。

人工甘味料であるアスパルテームの原料としても利用されています。

トリプトファン

セロトニンやメラトニンの材料となるアミノ酸です。これらはホルモンや神経伝達物質として働き、睡眠や体温調節、体内時計に関わるとされています。また精神を安定させるため不眠やうつに効果があると言われています。

トリプトファンはサプリメントとしても流通してますが過剰摂取の危険性が報告されています。

リシン

体組織の修復、成長に関わるアミノ酸です。穀物にはあまり含まれていないという特徴があります。カルシウムの吸収を促進する働きや脂肪燃焼に必要なカルニチンの材料になります。

また肝機能を向上する働きも持っています。ヘルペスの予防や脳卒中の発生率低下に効果があるとされています。男性の抜け毛に有効であるとする研究から育毛剤の成分としても利用されています。

ヒスチジン

ヒスチジンは成長に関係するアミノ酸です。ヒスタミンやカルノシンの材料ともなります。ヒスタミンは血圧降下などの作用のほか、アレルギーや炎症反応に関係することが知られています。

カルノシンは酸化を抑える働きがあり、筋肉の運動を助け疲労を軽減すると考えられています。ヒスチジンは慢性関節炎の痛みを緩和する作用があり、またヘモグロビンに多く含まれているため、摂取することで貧血の改善に繋がるとも考えられています。

メチオニン

メチオニンは体内でタンパク質を生成する際に最初に必要となるアミノ酸です。ヒスタミンの血中濃度を引き下げる作用や肝機能を助ける作用があると言われています。また医薬品としては薬物中毒の治療にも利用されています。

トレオニン(スレオニン)

トレオニンは20種の人のタンパク質を構成するアミノ酸のうち、最後に発見されたアミノ酸です。トレオニンは肝臓に脂肪が貯まるのを抑え脂肪肝を抑制する作用を持っています。新陳代謝を高める作用があり、成長に関係するアミノ酸でもあります。肌や髪を構成する成分として潤いを保つことに寄与するとも考えられています。

アミノ酸の桶

ある必須アミノ酸が十分に働くためには他の必須アミノ酸が必要になります。ひとつでも不足しているアミノ酸があると他のアミノ酸もそのレベルまでしか働かないのです。

これを例えたアミノ酸の桶という言葉があります。

桶は細長い板を円状に並べ束ねていますよね、各アミノ酸の摂取量をその桶の板の長さに置き換えて考えるわけです。桶の板の長さにばらつきがある場合、水を汲めるのは一番短い板の高さまでになります。必須アミノ酸はバランス良く摂取しないと有効に活用されないというわけです。

非必須アミノ酸

アスパラギン

アスパラガスから発見されたアミノ酸です。最初に単離されたアミノ酸でもあります。グリコーゲンの生成に関わり、エネルギー生産を助ける作用があります。肝保護作用や運動時の持久力を向上させるとも言われています。

アスパラギン酸

カリウムとマグネシウムの吸収を高め、クエン酸回路を上手く働かせます。乳酸の分解を促進し疲労を取る効果があるとされています。利尿作用がありアンモニアを体外へ排出するように働きます。人工甘味料であるアスパルテームの原料としても利用されています。

アラニン

ほぼ全てのタンパク質に存在するアミノ酸です。アルコールの代謝を促進し肝機能を助ける作用があると考えられています。グルコースに変換され、エネルギー源としても利用されます。

アルギニン

一酸化窒素の材料となり、成長ホルモンの分泌に関係します。血管を拡張する作用を持ち、性機能の改善などに繋がると考えられています。また免疫細胞を刺激し免疫力を向上する作用があるとも言われています。

アルギニンの効果とは

グリシン

最も単純な構造をしたアミノ酸です。コラーゲンの3分の1はこのグリシンから出来ています。筋肉を動かす際のエネルギー源となるクレアチンの材料ともなります。睡眠に入る際に体温を自然に下げ、睡眠の質を上げる効果があるとされます。

グルタミン

筋肉の細胞の生成に関係するアミノ酸です。腸においてはエネルギー源となるほか、細胞の生成を促します。筋肉の疲労回復に効果があるとされトレーニング後の補給に利用されているほか、外科手術後の輸液にも回復促進のため利用されています。

グルタミン酸

うま味成分として知られているアミノ酸です。アンモニアの分解や排出に関係します。グルタチオンの材料にもなります。グルタミン酸は脳で働く神経伝達物質としても知られていますが、食事から摂取したグルタミン酸が直接脳に供給されることは無いとされています。

システイン

肌や毛髪や爪などに多く存在するアミノ酸です。シミなどの原因となるメラニンの生成を抑える作用があります。体内ではタウリンの材料としても使われます。食品や医薬品などにも広く使用されているアミノ酸です。

セリン

プリン、ピリミジンの生成に関与するアミノ酸です、リン脂質の材料にもなります。また多くの酵素の活性中心に存在し重要な役割を果たしていると考えられています。グリシンの材料にもなり、肌の保湿を目的として化粧品などにも利用されています。

チロシン

体内ではフェニルアラニンから作られるアミノ酸です。ドーパミン・アドレナリン・ノルアドレナリンといった神経伝達物質の材料となります。精神の安定や記憶力の向上に効果があるとされるほか、ストレスを軽減するとも言われています。

プロリン

コラーゲンを構成するアミノ酸のひとつです。コラーゲンの生成を促進するほか、壊れたコラーゲンの修復を行う力も持っています。角質層の保湿にも働きます。

まとめ

アミノ酸は私達が生きていく上で必要不可欠な成分です。様々な効果がありますが、特に必須アミノ酸はバランス良く摂取することが大切になります。

アミノ酸はサプリメントで摂るという選択肢もありますが、いくつかのアミノ酸には過剰摂取の際に危険性があるものが存在します。アミノ酸は食品で摂る分には基本的に安全といえるので、そうした観点からは黒にんにくの方がオススメと言えます。

通販で気軽に購入できる黒にんにくランキングはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

黒にんにくが評価されている理由を知る ↓
黒にんにくが評価されている理由

S-アリルシステインの効果とは
シクロアリインの効果とは
ピログルタミン酸の効果とは
スコルジニンにはデトックス効果があるの
ポリフェノールの効果とは

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの成分

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.