黒にんにくオタクの通販比較、効果や成分を徹底的にチェック。おすすめの黒にんにくをランキングで紹介します。

黒にんにくオタク

黒にんにくとはなに

投稿日:2016年11月26日 更新日:

黒にんにく外観
黒にんにくは、最近の健康志向も重なり徐々に広がりを見せています。雑誌やテレビで名前を聞いたり、実際に売っている所を見かけ興味を持たれた方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、誰もが知っているレベルでは普及していません。

黒にんにくについて聞いたことがあるけど、実際どのようなものなのか知らないという方が大多数です。当記事は、入門編として黒にんにくのメリットやデメリットが理解できるようになっています。

黒にんにくの概要

黒にんにくは、にんにくを一定の温度・湿度下で熟成させたものです。材料はにんにくのみで添加物などは一切使用しません。

熟成により見た目や味、食感などが変わりますが、もっとも大きな変化はその含有成分の変化にあります。

ちなみに「発酵黒にんにく」と表記される場合もありますが、発酵とは細菌や微生物による成分の変化を指すため、それらの関与しない黒にんにくの成分変化は正確には発酵とはいえません。体に有用な成分が作られるという点では同じなので混同されることが多いようです。

動画で学ぶ黒にんにく

黒にんにくが黒い理由

黒にんにくの熟成はメイラード反応と呼ばれる化学反応によるものです。これは高温下で起きる糖とアミノ酸が関係した反応です。この際にメラノイジンという色素ができるのですが、これが黒にんにくの色のもとになると考えられています。

メイラード反応は食品ではよく見られます。例えば、玉ねぎを炒めていると段々と茶褐色に変わっていきますが、それも同じ原理です。

黒にんにくは、どんな味?

黒にんにくの味は、普通のにんにくと異なります。独特の甘味と酸味があり食感はドライフルーツのようになります。よく例えられるのはプルーンです。しかし、実際に食べてみないと伝わらないかもしれませんね。

にんにく特有の匂いもほとんどしなくなる点においても印象が異なります。黒にんにくの食べ方は、特に調理等は必要なくそのまま食べられます。また料理に黒にんにくを活用することも流行っています。

にんにくとの違い

見た目や味、匂いなど食材としての違いは前述の通りです。もちろん、こうした違いも大きいのですが、各種媒体で黒にんにくがオススメされている理由は主に熟成による成分の変化にあります。

その中でも特にS-アリルシステインの存在が大きいでしょう。S-アリルシステインは免疫に対する作用や抗酸化作用など様々な力を持つ黒にんにく特有の成分です。

S-アリルシステインはアリシンという成分が変化することで作られます。熟成により作られる成分になるので、普通のにんにくにはほとんど含まれていません。

また、アリシンはにんにくの匂いの成分であると同時に殺菌作用をもつ刺激の強い成分です。アリシンの摂取は、適量であれば体に有用ですが取りすぎると体にマイナスの影響を与えます。にんにくを食べ過ぎるとお腹を壊すというのは、アリシンが原因です。

黒にんにくになると熟成することでアリシンは減少し、その分S-アリルシステインが作られています。つまり、にんにくとの違いを簡単にまとめると、刺激が少なくなりお腹に優しく、より抗酸化力に優れた食品といえます。

S-アリルシステインの効果とは

詳細はにんにくと黒にんにくの違いを参考にして下さい。

黒にんにくはどこが優れているの?

「にんにくを食べるとパワーが出る。」

元気が出るのは、にんにくの成分が体内で作用しているからです。黒にんにくは、それらの成分に加え熟成によって作られた成分が働き、より多彩な作用が期待できます。

ここでは5つの作用を紹介していきたいと思います。

免疫に対する作用

黒にんにくの作用でもっとも注目を集めているのが免疫に対する作用です。熟成によって作られるS-アリルシステインという成分が、NK細胞と呼ばれるガン細胞などを攻撃する細胞の活性に寄与していると言う報告があり、その抗がん作用が示唆されています。

抗酸化作用

S-アリルシステインは抗酸化作用があるので、活性酸素を抑える抗酸化物質としても働きます。活性酸素は疲労や老化の原因となることで知られているため、黒にんにくはアンチエイジングにも役立ちます。

黒にんにくはアンチエイジングに有効なの?

疲労回復

にんにくと同様に疲労回復にも働きます。アリシンがビタミンB1と結合したアリチアミンが糖の代謝を助けるため、エネルギーを効率的に作れるようになり、体の元気を取り戻す助けとなります。

黒にんにくと疲労回復について

殺菌作用

黒にんにくは殺菌作用でも知られています。サルモネラ菌やO-157など様々な細菌に対して殺菌作用が確認されており、そうした細菌による経口感染に対し一定の働きをしてくれることが期待できます。また腸内の悪玉菌を減らし腸内環境の保持に貢献してくれます。

黒にんにくの抗菌作用

血行維持

黒にんにくは血行の維持にも役立ちます。アリシンやジアリルジスルフィドと言った成分は血管拡張に作用し、アホエンは抗血栓作用によって血液をサラサラにします。血行の維持は高血圧や冷え性などで重要になります。

冷え性対策で黒にんにくを摂取するなら
高血圧が心配なので黒にんにくをはじめる

黒にんにくの発祥地

黒にんにくは日本生まれの食品です。黒にんにくの発祥地は三重県と言われています。2002年頃に研究開発がはじまり2004年頃には形が出来上がっていたと思われます。

また、黒にんにくは海外でも広がりを見せています。特に韓国では国策として黒にんにく作りに取り組んでおり、世界各地では韓国産の黒にんにくが普及しはじめています。日本は開発国なのですけど残念ながら普及の面では韓国に遅れを取っている状態です。

黒にんにくの歴史
黒にんにくの生産地について

まとめ

「黒にんにくについて理解していただけました?」

黒にんにくは様々な作用を持つにんにくを更にパワーアップさせた食品と言えます。健康に良い食品というと苦かったり渋かったり、美味しくないイメージがありますが、黒にんにくではそのようなこともありません。また刺激も少ないため、普通のにんにくよりも摂取しやすいです。

この記事で黒にんにくに興味を持つ人が増えるとウレシイですね。

 

通販で気軽に購入できて人気のある黒にんにくはコチラ ↓
黒にんにくおすすめランキング

 

こっそり黒にんにくで夜の強者になる↓

滋養強壮・俺達の黒にんにく

黒にんにくおすすめランキング

-黒にんにくの基礎知識

Copyright© 黒にんにくオタク , 2018 AllRights Reserved.